本日 3 人 - 昨日 11 人 - 累計 35154 人 サイトマップ

会社を作りたいのです!

  1. HOME >
  2. 会社を作りたいのです!
いま、私にはやりたい事が2つあります。


1つは、以前から活動しているのですが、性同一性障害の人達が働ける場所を作りたいという活動。

もう1つは、小さい子供達を預かる施設を作りたいという活動です。
具体的には、都内の待機児童問題解消のために、児童一時預かりの福祉施設を作りたいと思っています。

この2つの内容は、事業として重なる場所があるのではないかと考えました。


画像


この2つの円(活動)の重なる場所、つまり、性同一性障害や発達障がいなどを持つ人達が働ける場所を作ることと、小さい子供達への福祉活動の両立を考えています。

今、私が様々な活動をする理由は、そのための会社を作りたいのです!
そのための事業資金を作りたいのです!

まずは目標金額として300万円を目指します!



■なぜ活動をするのか・・

私は以前、タイ・ラオス地方の子供達の支援をしていたことがあり、私は1人の子供に支援を続け、3年後にその子が学校を卒業したという証書と一緒に彼の写真とお礼状が届いたときには本当に嬉しく思いました。
現在も友人のNPO法人の理事として就任させていただき微力ではありますがカンボジアの支援に協力させてもらっています。

しかし、私達の身近な場所では、児童虐待や育児放棄、パチンコに興じるあまりに幼いわが子を真夏の自動車内に放置し死亡させる親がいたり、無認可保育事業をしていた男が預かっていた児童を放置し死亡させたという悲しい事件もありました。

近年このようないたましい事件が多くとても悲しく思います。



■問題解決のために

その背景には現代のストレス社会や、都心で問題になっている待機児童の問題や、児童虐待、育児放棄などの問題もあると思います。
また、問題を起こす人の多くは幼いころに親や大人からの愛情が不足していたのではないかとも思うのです。
そしてなにより罪の無い子供達が犠牲になっているのです。

こうしたことを考えると、子供達のためにできることは、現在の日本の教育や福祉だけでは足りていないのが現状だと思うのです。

私が考える「場所」は教会に近いのかもしれませんが、想いやこころを大切にし、争いの無い、人と人とが幸せに暮らせる場所。です。
理想かもしれませんが、これは、私達がやる必要があることだと思っています。

活動するからには永続的な事業として継続していかなければ意味がありません。
保育事業は新規参入が難しい事業だそうですが、国も待機児童問題に積極的に取り組もうとしている今が新規参入できるチャンスでもあると思います。
いずれはNPO法人化も視野に入れており、法人化した際のスタッフとして、性同一性障害や障がいを持つ人も積極的に採用したいと思っています。
これが私の思う2つの円の活動です。

目標を実現するために、多くの人からの協力が必要です。
いまはまだまだ小さな活動ですが、よろしくお願いいたします。

募金のお願い